• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
とってもなぜだか馬鹿だから、
電気を消した部屋でいつも突然にゆめをみてしまう。
ただ洗濯機のまわる音で私はいいのだけど、夜になるとビルが光るから、なんで光に音がないんだろうって思う。あのビルのあの温度がぱちぱち鳴ったら。
私や、もしかして犬や猫が、とても馬鹿だから、
喋り過ぎた帰り道にはなんだかいつも悔やんじゃって噛んじゃって、痛んじゃって、どうにも悪いゆめをみてしまう。
とても喉が痛くなってしまって、だからとても無くなりたくなってしまうんだよ。
3階のベランダから遠くに見る、誰かのシャツの白いのが、左から右にそっと消えて行くのを見ていた、ずっと、もうずっと。なんだかとてもきれいだったから私はないていたのです。
なにもなかった昼に、なにもない夜に、どうしてこんなにもっともっとなにもなくなってしまえと思って、それで、物がとってもたくさんあるから、あたたかく、嫌いで、どこかに行ってしまう白いシャツが、すきだなあ。ばかだなあ。
開けっ放しのカーテンの向こうを車が通り過ぎて、真夜中のベットに転がって天井をなでるそのライトを見ていた。
どこかにだれかが住んでいる。どこかにだれかが住んでいて、私はこの小さなベットの上で生まれていた。

25時半玄関で女の人が、もうだめかもしれないと言った。
だれも
うなずいてほしくないんだろう。
借りたままだったペンを返す瞬間に、「そんなこともあったね」と言う横顔を、なんてこともなくまだ覚えている。
低い声で、なにか言う横断歩道がこわくて、声をだした後の肺がすかすかといつまでもすかすかと
私はなにかいつもとても怖いと思う。玄関の開く音や帰り際の目線がとても怖いと思う。だれかと笑いあったあと2時間も十年もずっと、私や、だれかが続く。
なにか、少し、わかりにくく、人はいなくなるし、
わかりにくいように夜が昼が、ぐーぱーぐーぱーと、つづいて、
横断歩道ですれ違った人のゆくさきを知らないことを、なんでだれも叱ってくれないんだろう。私はもうずっとだれのゆくさきも知らないでいるのに、だれも怒ったりはしない。
肺がいつまでも震えて痛くてねむりたいねむりたい。
ありがとうと言いたかった、理由がないので、だれにも言えていない、理由なんて、もう、あのね、できやしないって思う。いつでもいいから今や、次の瞬間や、八百万秒先の次の呼吸で、ありがとうと言うんだよ。そういうことを思うことで眠れるならそんなふうにでも眠れればいい。ありがとうなんて言わなくていい。ねむたいだけなんだよ。
もうだれとなにを話せばいいのか

きのうに話したことや、その仕草をもういちど繰り返したら、私たちは死んでしまうんじゃないかと、ときどき思う。とうてい二度とくりかえせないような、ばかで泣きたくなるほど、ほとんど切ない冗談に笑っているんじゃないかとか、ちょっと不安になるよね。百年と戦争のあとに私たちはなにに笑うのだろうなあ。私はチーズを削っているのかなあ。削れていくのかなあ。
どうしてだか、なにかを話したわけでもないのに、だれかを好きになったわけでもないのに、だれか人を助けたいわけでもないのに、静かな家や3階下のコンクリートを歩く、シャツが、憎くも恋しくもないけど
どこにいくんだろう
その背中が街路灯に光ってとてもうつくしいと、知っているだろうか。
肺が痛くなるのでいつもとても後悔している

砂がぱらぱらと、どこかの河のなにかの砂がぱらぱらと世界中にぱらぱらと降って、降り積もる。
私とあなたのささいな応酬をさらさらと洗って、私の肩やあなたの首筋や、歩道や、車の屋根に、ぽつぽつと砂が降る。
ざらざらとそれが体中を流れるし、足下を鳴らすから、ときどき目をこすりながら息に似たやりかたで砂を呑んでいる。
いつまでもここにいたいのにと言って、埋まってしまおうと、顎の下まで潜って、むせる。むせてばっかりいる。
なにがどこにいるかしらと
あの信号は深夜1時に
まだだれかのために光っているかしらと
私や、もしかしたらだれかが、とても馬鹿だから、ぜんぶ昼間のせいにして、ひとりでに笑えることなんてなにもないだとか、怖がりもせずに言い合ったりする。ばか。
遠くに人影を見つけて、嬉しくふがいなく
いつから、いつまで、この砂や、灯りの街で、目をつむったりまた、笑ったりして、抱き締めずに抱き締められずに、あなたやだれかを、いつもはじめてすきだよ
明日でなく今日に、あなたやだれかに会いたいと思う。
23時59分の不安が、町中の輪郭をひからせるから、明日でなく今日に、あなたに会いたいといつも思う。あしたもおもうとおもうよ。
おやすみ、たぶんだけど、ひとはねむたいと、瞼が薄く藍色にひかるよ。
おやすみ、だれかの燐光がまだ、さようなら、見えるよ。
ばいばいあしたはだれにも会わない。
page top



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 八帖帳の犬. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。