• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
 寺山修司の映画を二日連続で観にいったら体力を全部持っていかれて、一緒に観に行った人とのその後の予定も断って這いつくばってお家に帰る。一緒に行った人は、「あれ観て平気な顔していられる人っているのかな」って別れ際に言って、私その瞬間に、ああ、わたし無傷、って気付いて、背筋が伸びました。
(頭の上で耳をぴょんぴょんさせて、ウサギしていた、あの仕草、なんてこと。)

***

 「自分のことをもっと知ってほしい」という願望を、私に対して抱いてほしい、という願望。
私はあなたのことをわかろうとしてあげる、たくさんわかろうとしてあげる、なんて、簡単すぎる気がして、しかしそれさえ私はうまくできないのだけど、だからあまり言葉を費やせないのだけど、やっぱり、あなたに私のことを知ってほしいよ、聞いてほしいよ、という乱暴さ、切実さ、のほうがとても真面目な気がする。
だけどはたらきかけに対しての受容があることは素敵で、「君を理解したいよ」と言う必要はあるはずだけれど、でも何千年も前から、みんなみんな「理解っていうのは完全じゃなくてね」なんて訳知り顔で言っていて、その公式はもうみんな知っていて、彼女は知っている、ということを知っている、という状況での、「君を理解したいよ」の狡さ、許してもらうことを前提にした誠実さ、はどうだろう。それよりも、「私のことをあなたに知ってほしい、あなただけにはぜんぶぜんぶ知ってほしい」という原始的な、奔放さは、とても強大だと、思うことがある。
 私はたぶんあまりどちらもうまくなくて、理解したいと思うことも、理解されたいと思うことも、あまり上手な自信がなくて、だけど誰かと比べたわけではないから、割と人並みなのかもしれないのだけど。ただ、ずっと、私に理解を望んでほしい、という望みだけある。それだけはたぶんズレていて、それは、「早くディナーの準備をしておくれ」みたいなことで、なんだか高慢ちきもいいところ。
草になりたいと思ったけど人間は草なんか大体の場合愛さないし、そういう子供っぽさは灰になればいいよね。

***

 終電逃したからね、家に泊めてよ、と電話がきた。私の家の最寄駅で終電を逃す事態なんてそうそう起こるはずがなく、なぜなら私の家の周りにはなにもないからだけど、だからたぶんわざとなはずで、そんなこと考えなくても電話の声が震えまくっていたので、どこにも帰れなくなったのがわかりやすく、緊急事態がはじまっていた。
だけど私、家に誰かをいれるのが好きじゃないので、とかそういう冷たいことを平気で思う人間なので、パーカーを着て、一応相手の防寒のためにパーカーをもう一枚持って駅まで迎えに行って、その人パーカーを着ていて、ああもうパーカーの馬鹿野郎、と思って、そのまま朝までなんとなく一緒に歩いた。余分なパーカーを引き摺って、ふらふら6駅くらい歩いたと思う。
 明るくなって公園で、コンビニで買ったパンを食べていたら、その人はベンチで勝手に眠ってしまって、私は砂場で山をつくっていたけど、子供がやってきたので逃げて、ああ昼時か、と気付いて、ベンチの奴を起こして、だけど「帰るよ」と言えなくて、そうしたら相手が「帰ろう」と言った。

 私はどうも、なにに対しても体力がなく、勇気もなく、総じて無力で、誰かに何かしてあげられればいいのだけど、誰かに何か言ってあげられればいいのだけど、せめて電話してきた相手にくらいは、ということに久しぶりに強く憧れたりした。いつでも誰かが言えない私の代わりに言ってくれる。どうも、私はそうみたいだ。
家までひとりで帰るとき、あまりの眠さに視界が白くて、なんだかとっても情けなくなったり、ならなかったり、道端で眠ってしまいたい気がしたけど、私は酔っぱらいと知られちゃいけない、未成年。
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
遅咲きガール | URL | 2009-05-08-Fri 00:32 [編集]
寺山修司、行きそびれました。後悔しています。
他人を理解しようとするのは、他人の中へ踏みこむということだと私は思っていて、それはしてもいいのか迷うし、自分もよく考えたらされたくない、ような気がするのです。直感でポンポンわかってくれたらラクだろうけど、そんなのエスパーだし。
草になりたいというあなたはかわいいです。パーカを用意するあなたもかわいいです。
自分の頭の悪さを露呈するようで、さらに今更なんですが藤野さんのブログのタイトル、なんとお読みしたらよろしいんでしょうか。
長くなってしまいました
藤野 | URL | 2009-05-08-Fri 00:35 [編集]
そうなんですか。もしかしたら同じ劇場内にいらっしゃるかもしれない、と、少しどきどきしておりました。
私には、理解されたいと思うことと理解したいと思うこと、の、どちらがどれだけ行為なのかということがわからなくて、理解されたいと思うことの方が行為で攻撃で誠実かもしれないと、当てずっぽうに思い、理解したいと思うことは受動的で、ずるいと思ったのですけれど、理解しようとされるのが嫌だ、ということがあるなら、理解したいと思うこともやっぱり行為で攻撃なのかもしれないです。思っていたよりもずっと、そちらも活発なことかもしれなくて、それなら、私は少しだけその気持ちを抱いたりする人間を尊敬するかもしれないです。なにをあまのじゃくなことを言っているのでしょう、私は。よくわからないです。たぶん、傷ついたことがないのです。

>草になりたいというあなたはかわいいです。パーカを用意するあなたもかわいいです。
あの、かわいいなんて単語を使われますと、私は好きになってしまうのですよ。女の子はみんな寒がりと思っていたのに、寒がっていたのは私だけでした。

>ブログのタイトル
ああ、これは、どうしよう、困った、ぜんぜん意味ないのです。はっちょうとばりのいぬ、と私は読みますが、八帖帳なんて言葉きっとありません。むかし、八帖帳の犬という詩をノートに書きつけたのです。むかしむかしで、なんでそんな題をつけたのか思い出せません。
恥ずかしくって、「サーチに無暗にひっかからないように工夫したんです!」なんて言い訳を書こうか、なんて考えてしまいました。あの、ごめんなさい、ほんとう。
管理人のみ閲覧できます
| | 2009-05-09-Sat 10:38 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re:
藤野 | URL | 2009-05-10-Sun 00:45 [編集]
私の周りのものはずっと、「理解する」ことは無理だよ、「理解したい」と思うことは傲慢だよ、と言っていた気がして、だから出発点が違うところなのかもしれません。私は、自分が醜くなる可能性をたっぷり含んだ感情を抱く人間が、真剣で力強いと思うのですが、それは醜いことが前提で、たぶん傲慢でも、あるのだと思います。
あの、誰かに話しかけていただくことは大切ですね、私の鈍い頭がぐるぐるします。ありがとうございます。
寒さにつよいの、うらやましいです。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 八帖帳の犬. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。