• 01 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 02
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
文章
In A Box(箱の中の悪魔信仰)
2009-03-29-Sun トラックバック : 0  コメント : 0
 たとえばここに箱があるとして、きみがそれに入るとして、私がその上に乗るとして、第三者が箱ごと君を突き刺したとして、私はぺしゃんこになった箱の上でじめじめ泣くとする。ここで問題になるのはつまり、箱がそこにある必然は、という。
 きみは私の腕の中で死ぬのではいけないのだろうか。私は何故冷たい箱の上で足をぶらぶらさせていなければならないのだ。せっかく私もきみも有機体でできていて、木のようにぬくもりある体をもっているというのに、何故私の血管ときみの血管を繋ぐとどちらも死んでしまう、みたいな、そんな噂が世の中を席巻しているのだ?
 私にはまったく、どうにも不気味なように思える。私は幸い学生だったために、教師に質問したのだった。彼は私のスカートの長さを褒めてから(私のスカートは模範的な長さだったが、そのころクラスメートはスカートを切り詰めて切り詰めてギリギリの快楽を得ようとしていた)、「別々のものは交わらないのだよ」と言った。彼はそのとき人差し指で地下を指し、ぐるぐると回した。彼は理科の教師であったから、おそらくそれは『水と油のようにね』というジェスチャアだったのだろう。
 果たして私と他人というものは水と油ほどに違うものなのだろうか。どちらかがそんなにも清廉で、どちらかがそんなにも醜くなければならないのだろうか。私は不満だった。ひどく不安だった。そんな風に個体を確立される世界で生きていけないと思った。「ぼくは水だけどきみは油だからぼくたちは永遠に交われない」。恐怖は交われないことではない、私は油と規定されたくない、水と言われたくもない、混ざれないひとつの沸点と融点を持つ液体だなんて、そのぜつぼうの名は?
 いつしか私の手足は伸びて、自然のように恋人ができたが、私は彼のことが好きではなく、おそらく彼も同じだったと思う。「わかりあうこと」はメルヘンなのだとみんな知っているかのような顔でいたが、私はなお不満だった。みんな何を知っているというのだ、なにを訳知り顔に。私だけが分からないわけでもあるまいに、わたしだけがいつまでも物わかりの悪い子供のように世界に眉を顰められている。「みんなわかんないのは一緒なのにダダをこねるんじゃないよ」。そしてテレビがわたしに、空気を読みなさい、と一週間言い続けた。わたしは泣きに泣いた。ひどいよ、ひどいよ、と呻いてテレビの配線をペンチでめちゃめちゃにした。背中を痛くなるほど丸めた。寄り添うものがないのでわたしはしかたがなく机の脚にかじりついた。視界の隅にちらちらと悪魔が見える。私の幼さに噛みつく悪魔。溶けてしまいたいと思った、飴のように不確かになりたかった。雲のような蒸気に、土のような全体に。その欲望はなんだろう、わたしの求めるせかいはなんだろう、すべて煮詰められて、甘く溶けてしまえばいい、のか。

 だけど太陽はいつまでたってもぬるいまま、世界を溶かしたりしなかった。私は相変わらず硬い、独自の硬度のコンクリートを踏み踏み駅まで歩かねばならなかった。悲しかった、私の足がコンクリートと示しあって硬くなってしまえばいいと思った。私の入れられたこの狭い箱、この寒い箱、この嫌なにおいのする悲しい箱、醜い形をしたその、油色のかたち。
 空があかるかった。星は降ってこなかった。太陽が、世界は続くと私に歌っている、私をぜつぼうさせようと歌っている。どうしたものか、希望らしい希望は見えない。明日は曇りだ、気温は下がり、世界は更に硬度を増して、なにも沸騰しないんだ。固まってしまった鍋の底にいる。火を入れろ、だれか、料理をしよう、シェフはどこです、神様はどこです。希望らしい希望は見えない。
 電車の揺れる高速の中で粒のように人が夢を見ている。ここで生きていけるほど、私の箱の中には酸素が残っているのだろうか。あきらめることは愛と呼ばれるだろうか。その愛を私はあいせるか。「ないものねだりは」「やめなさい」なんて、わたしはきたない悪魔のようね。
 たすけてください、と悪魔様におねがいをする。「きみがまちがっている」、そう、「わたしがまちがっています」、あくまさま。水と油を飲み干す怪物、その胃の中で私は毎夜夢をみる。それが私の敬虔だった。
 いつか、わたしの悪魔とだれかの悪魔が交わることがあればいいのに。ぼくら信仰で恋をしよう。
 神様や悪魔を信じる愛で、救われることがあるかしら。箱の中の悪魔信仰、あの薄明るい太陽は邪教も照らして光るだろうか。
page top



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 八帖帳の犬. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。