• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
 大学の中にある林でねっころがって本を読んでいたら、気持ちがよくなっちゃって、本を顔にのせてむうむうと北極のことを考えていた。でもそこはうっかり保育園か、それか幼稚園のひとのお散歩コースだったみたいで、そのうちたくさんの園児のひとたちが先生に連れられて歩いてきた。先頭の先生が寝っころがっている私を見つけて、眠っていると思ったのか、「しーっ!しずかに!」って言った。幼児のひとたちは列をなして歩いて、私の横を通るときだけ静かにしていた。私はけんめいに寝たふりをして、本がずり落ちないように頭をぴくりとも動かさずにいて、この、じょうきょう!って思った。あくしでんと!って思った。
 みんな通りすぎちゃったあとに、そっと起き上がって、おそろしいこともあるものよってどきどきして、ひとびとが去っていった方を見たら、列の一番後ろの男の子がこっちを振り返っていて、目があっちゃった。
 手をふられたので手をふった。

***

 おともだちが、ケースに入った私のコンタクトレンズ(はーど)をずっと見ているから、どうかしたのって訊いたら、おいしそうだねって言っていた。私はコンタクトレンズをそんな不純な目で見たことがなかったから、びっくりしてあらためてコンタクトレンズを見てみた。まずそうだった。舐めたら甘そうじゃない?とおともだちが言った。舐めてみる?って訊いたら、うんって言うから、おともだちの手の届かないところにコンタクトレンズを置いた。

***

 「どこにだって来てくれる?」と受話器の向こうでだれかが言った。聞きなれた声に低速の心で、「そんなに遠くないならね」とこたえた。
 「ここはでもアメリカなんだけど・・・」って言う声の後ろで、中央線の発車のメロディがたららたららと鳴っていた。
 それはちょっと遠いなって私は笑った。

***

 それはちょっと遠いなって言ってばかりだな。誰かの裾をつかみながら、それはちょっと遠いなって笑うのは、間抜けだろうな。優しくするには遠すぎるって、ほんとうには思わなかっただろう。逃げ回るために世界はひろくて、私はいつでも笑ってしまえる。
 電車の中、窓の向こうで鳥たちが太陽にばさばさ飛んでいくのを見つけて、死んだうさぎみたいな温度で私の情熱がことこと揺れた。夕陽の一番暗いところがゆっくり車内に滲んでいって、私の内臓をぜんぶ血色のたんなる光にしてしまった。だからくずれていきたかった。標本の虫みたいに夕陽でここに縫いとめられたかった。そしてそのあとで私の上に、私を許さないあらゆるものが、燦燦と降り注げばよかった。
 電車は今日もほしいままの速さで走り、私をすんなり連れ出してくれた。
page top



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 八帖帳の犬. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。