スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
 昨日テレビでポンペイの特集をしていて、女性タレントが20世紀前の悲劇に涙を流していた。その番組には人々を襲った火山の噴火、火山灰の猛威、そして最後まで家族を守ろうとした父親、というような再現ドラマが挿入されていた。私は違和感を感じた。女性タレントが人や動物が亡くなった時そのままの石膏像を見て涙していた。私は違和感を感じた。
 違和感を覚えたのは、たぶん、私の中で都市ポンペイの滅亡は昔すぎて、それは教科書の中のことで、「関ヶ原の合戦」と同じだからだ。私は関ヶ原の合戦に泣かない。教科書に泣かない。関ヶ原の合戦についてのドラマが作られても、たぶん、泣かないと思う。関ヶ原の合戦やポンペイはとても昔で、とても遠い。
 だけどそれなら、20世紀の大戦だって、今実際の起こっている戦争だって、遠い。私は今起こっている戦争についての映像を見て泣くだろうか、悲痛になるだろうか、ポンペイや関ヶ原の合戦を冷静に処理する脳みそは、遠い国で起きる戦争を悲しむだろうか。たとえ時間が同じでも、私に近いわけではなく、それは教科書の中のことに変わりなく、国は世界地図にしかなく、飛行機に乗れば行けるところだなんて、納得できていない。私は遠くにいる。
 ポンペイで死んだ家畜に「かわいそうに」と言ったあの女性タレントは、現在行われている戦争のVTRを見てきっと涙するだろう。私はポンペイに泣かないしイスラエルにも泣かないんだと思う。一貫されたなにかが違うんだ。私は彼女を見て違和感を感じたけれど、それは自分に対しての違和感だったのかもしれない。私が足りないのかもしれない。
 私の生活は私の生活でしかなく、なにを見ても読んでも私の範囲は私の範囲で、私は自分の庭を耕し慈しみ、遠い戦火をときどき見やる。私には私の生活しか美しくできない。私は私の生活だけを慈しむ。圧倒的に遠い、私は遠くを見て泣かない。誰かに優しくされたら泣く。戦争の話には泣かない。
 私には想像力が足りないだろうか。20世紀、もしくは20万キロ隔たった人を想像できない私がいけないのだろうか。私は嘘になってしまうのが怖い。だから無理矢理否定しているのかもしれない。本当は泣くのかもしれない。私はなにを頑張っているんだろう、誰のためにって、私のためには違いないのだけれど。ああ、全然納得できないよ。
スポンサーサイト
page top
Copyright © 2017 八帖帳の犬. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。